スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

another ugly end 

終盤のくせがまた直らず、メッツは2試合連続で逆転負け。

打線はリーグトップの7勝目を挙げている相手先発コレイラに対し、やや苦戦気味。しかし4回に連打で満塁とすると、2アウトからテハダが二塁手の頭上を僅かに越える2点タイムリーを放ち、先制します。

この日の先発は好投もなかなか勝ちを得ていないカプアーノ。初回から好投を続け、6回まで僅か2安打無失点の完璧な投球を見せます。しかしチームにとっての"魔"といえる7回に3者連続内野安打で満塁とされ、追い付かれたところで降板。

代わったビエトも3アウトまでに3人の走者を生還させてしまい、5-2でパイレーツが試合をひっくり返します。8回にはさらに4点奪われ、終わってみれば完全に相手ペース。試合はそのまま9-3で落とし、またもや終盤のリードを守れませんでした。

打線が弱体化している中で、僅かなリードでも守れないのは非常に苦しいです。この日はせっかく生かしたチャンスで先制するも、結果は大敗。先週からのホームでの6試合で4度のリードをフイにしていては、とても勝てません。

明日はエース、ペルフリーで3カード連続負け越しを防ぎます。

コメント

パイレーツなのでいけると思ってましたが、勝ち越しの夢が消えましたね…
確か明日はレイエスが帰ってくるんでしたっけ?
せめて2勝2敗のタイにしてほしいです

コメントありがとうございます。

監督の熱意が果たしてどのような答えをだすか、気になります。レイエスの復帰で変わらないと、ますます苦しいので、この試合は絶対手にしたいところです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/889-d425c429

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。