スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

late collapses continues 

メッツはまたもや自滅し、ブレーブスに逆転負け。

打線は1点を追う4回、これまで1安打のみに封じられていた相手先発ローを攻め、1アウト三塁からベルトラン、マーフィー、ペガンのタイムリーで3点を入れ、逆転に成功します。

この日の先発はニース。2回に1点許すも、得意のカーブを自由自在に操り、ブレーブス打線を困惑させます。特にリードを得た5回以降はほぼ完璧な投球。

ニースは7回を3者凡退に仕留めると、8回も続投。先頭のジョーンズに特大ソロHRを許し、2アウトを奪ったところでマウンドを降ります。しかし代わったイスリングハウゼンがアグラを歩かせると、暴投で得点圏に進ませ、さらにショートゴロをレイエスがトンネルし、自滅で試合は振り出しに。

試合の勢いはブレーブスに傾き、9回に登板したロドリゲスがヒンスキーのソロHRを含む3失点を喫し、6-3で試合終了。終盤のリードを痛い形で失い、最後は守護神の乱調での敗戦。ホームでリードがあっての6連敗はメジャー新記録のようで、何とも不名誉としか言えません。 

ライトとデイビスの復帰が長引くという報道も出ており、チームの苦悩は続きます。しかしつまらないミスなどで試合を落とすのは、主力でも控えでも、許されません。ミスを少しでも減らせれば、勝つべく試合を痛い形で落とすことも少なくなるはずですので、反省し次に生かして欲しいところです。

明日はエースといっても過言ではないジーで連敗を阻止します。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/891-9e3c8d45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。