スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

rally in the end 

メッツは終盤のチャンスを生かし、パイレーツに快勝。

この試合の序盤は完全なる投手戦。今季既に8勝しているコレイアが5回まで無安打に封じると、メッツのカプアーノも負けじとゼロを並べます。

最初に試合が動いたのはメッツ。7回に1アウトからベイの犠牲フライで均衡を破り、先制。8回には2アウト一塁二塁からターナー、ベルトランらのタイムリーでさらに4点追加します。9回もへアストンとレイエスの2者連続弾などでダメ押しし、試合は7-0で終了。

カプアーノは投手戦を制し、今季5勝目。打線は序盤は苦しむも、パイレーツの中継ぎ陣を打ち崩し、終わってみれば大勝でした。明日も制し、4連戦の勝ち越しを狙います。最終戦の先発はペルフリーです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/899-03faa31f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。