スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

beat ERA king 

メッツはブレーブスとの接戦を制し、鬼門の地での初戦を勝利。

打線は初回、ベルトランのタイムリーで1点先制。3回にはペガンの適時打とデューダの犠飛で2点追加し、メジャー最優秀防御率を誇る相手先発ジャージェンスの立ち上がりを捕らえます。

この日の先発はニース。2回に自らの暴投から同点を許すも、3回以降はリズムに乗り、好投を続けます。中盤をしっかり片付けると、7回も続投。1アウトから1点失ったところで、マウンドを降ります。

8回にはイスリングハウゼンがアグラにソロHRを浴び、試合は1点差。しかし9回をロドリゲスが3者凡退に仕留め、試合終了。ニースは7回途中を2失点の好投で今季6勝目(5敗)を挙げ、自身の勝率をようやく5割以上に乗せました。打線ではレイエスが3安打で打率を.346まで上げ、打線を牽引しています。

明日勝てば、悲願の勝率5割復帰です。先発のジーは8連勝を狙います。

コメント

最後の方が危なかったですが、勝ってよかったです。
メッツの大きな連勝期待してます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/901-bd649924

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。