スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

win of the year 

メッツは劇的なサヨナラでヤンキースを下し、連敗を3でストップ。勝率を5割に戻し、遠征へ。

打線は初回、2アウト二塁からマーフィーのタイムリーで1点先制。しかし2回からは相手先発ガルシアの緩急を使った投球にはまり、なかなか点を奪えません。

この日の先発はディッキー。4回を1四球のみに封じるなど、ほぼ完璧な立ち上がり。5回には連打で1点を許し、さらに2アウト満塁とされるも、何とか1点のみに凌ぎ、ピンチを脱出します。しかし足を痛めたため、裏に代打を送られ、途中交代。

試合は1-1のまま8回へ。ディッキーの早期降板を受け、ビエトが2イニングの好リリーフを見せるも、8回に登板したイスリングハウゼンが犠牲フライで勝ち越しを許してしまいます。

9回は守護神リベラに対し、2アウトと絶体絶命の状況でベイが四球で出塁。続くデューダがヒットで続くと、さらに代打ポリーノが追い込まれながらもライト前に起死回生の同点タイムリーを放ち、土壇場で球界の守護神を攻略します。劇的な同点で流れは完全にメッツへ。2四球とエラーで満塁とすると、ベイが右中間にタイムリーを放ち、サヨナラ...。

宿敵に2連敗し、借金は1。さらには攻守の要のレイエスが離脱し、本当に勝たなくてはいけない試合を見事なサヨナラ勝利でものにしました。明るい雰囲気でチームは試合後、LAへ向かい、明日からはドジャースと4連戦。初戦はカプアーノで初陣に挑みます。

コメント

素晴らしいです。
9回2アウトランナーなしであのリベラから1点とるなんて…
今日の勝利を明日からの勢いにしてほしいです。
しかし、レイエスがいないと攻守にかなりの影響がでますね。復帰までどれぐらいかかりますかね?
さすがにレイエスまでDLはないですよね?

コメントありがとうございます。

すばらしいの一言に尽きますね。追いついたときは鳥肌が立ちました。もちろんサヨナラすると確信しました。

レイエスは軽度の痛みのようで、本人は明日にでもプレーしたいと言っています。ただ大事な選手だけに、無理をさせたくないですし、難しいところです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/916-a9727b28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。