スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

good win to start 

メッツは鮮やかな逆転勝ちでドジャースに快勝。2連勝で貯金は1。

この日の先発はカプアーノ。初回こそ無失点に抑えるも、それぞれ2回と4回にローニーにタイムリーを許し、立ち上がりから2点を失います。

打線は相手先発デラローサに対し、5回まで1四球のみとまったく歯が立たず。しかし6回に先頭のテハダがチーム初安打を放つと、続くバントで1アウト二塁から、ペガンのタイムリーでようやく1点返します。その後は2アウトとなるも、ベルトランとマーフィーの連続タイムリーツーベースで逆転に成功。

追加点が欲しい打線は8回、2アウト一塁三塁からベイとデューダがそれぞれ適時打を放ち、点差を3に広げます。カプアーノの降板後はパーネルが2イニングを完璧に封じると、最後はロドリゲスが締め、ゲームセット。カプアーノは打線にも助けられ、自身3連勝でチーム最多に並ぶ今季8勝目を挙げました。

序盤の苦境も、昨日のサヨナラ勝利で培った粘りを生かしての、見事な逆転勝利でした。明日は悩めるエース、ペルフリーに注目です。

コメント

連続タイムリー2ベースはすごかったし、ベイも昨日の勢いそのままの勝ち越しタイムリーは良かったです。明日はリリー、あさっては黒田、その次はカーショウと難敵が続きますが、このドジャースとの4連戦と次のジャイアンツとの3連戦を勝ち越せば、後半戦はかなりの期待が持てると思うので、頑張って欲しいです。

コメントありがとうございます。

2アウトから4点奪えたのが打線の凄いところです。まず今日勝ち、4連戦の半分をひとまず取りたいですね。SF戦も厳しいですが、勝ち越せば仰るとおり後半につながるはずです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/917-58020b50

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。