スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

keep it on 

メッツは接戦をものにし、ドジャースに辛勝。4連勝で貯金は今季最多の3。

打線は相手先発の黒田に対し、3回まで無得点。しかし4回にデューダとタイムリーで先制に成功します。1-1の6回には2アウト三塁から黒田の暴投の間にベルトランが生還し勝ち越すと、さらに連打で一塁二塁とし、続くテハダの右中間を割る走者一掃のタイムリーツーベースで黒田をノックアウト。

この日の先発はニース。5回までを併殺崩れによる1失点のみとまずまずの投球。3点のリードをもらった6回には連打を浴び2失点と少し崩れるも、続く7回を3者凡退に仕留め、マウンドを降ります。

追加点が欲しい打線は9回、ターナーのタイムリーで貴重な追加点を入れます。2点となったリードをしっかりロドリゲスが最後締め、試合終了。ニースは7回を3失点に抑えるQSで、ジー、カプアーノと並ぶ今季8勝目。若き左腕も頼もしさが出てきています。

明日勝てば、なかなか無い4ゲーム・スウィープ。メッツの先発はジー、そして相手の先発はエースのカーショー。

コメント

Kロッドがヤンキースにトレード確実という噂を聞いたんですが、本当なんでしょうか?
明日も勝ってスイープしてほしいですね。

コメントありがとうございます。

ロドリゲスのトレードの件は単なる憶測だと思われます。ただロドリゲスは今季55試合に登板すると翌年の年俸が一気にアップするため、早めに移籍させることにより出費を抑える考えもあるようです。可能性はないとはいえません。

ありがとうございます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/919-d8feb622

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。