スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

just enough runs 

メッツはレッズの猛追をかわし、4連勝。珍しい4タテ・スウィープを完了。

この日の先発はカプアーノ。初回に相手の主軸から2失点と、苦しい立ち上がり。しかし5回まで3失点と何とか試合を作ります。

打線は1点を追う4回、1アウト満塁からデューダの走者一掃のタイムリーツーベースで一挙に逆転に成功。5回にはペガン、ベイの連続タイムリーなどでさらに4点追加し、相手先発のベイリーをK.O.します。

大量リードも長くは続かず、6回にピンチを招いたカプアーノと代わったアコスタが4点を許し、あっという間にその差は2点。7回にも1点奪われ、1点差となるも、9回に相手の暴投の間に1点追加し、リードを広げます。その裏はイスリングハウゼンが登板するも、先頭のボットーにソロHRを被弾。しかし表にとった1点が大きく、後続を3者凡退に仕留め、試合終了。

カプアーノはやや乱調気味も援護に支えられ、今季9勝目。打線はこの日も二桁安打を記録し、さらに二桁得点も記録しました。ベルトランの移籍がチームのモチベーションとなっているようです。

スウィープで波に乗ったメッツは明日からD.C.に向かい、ナショナルズとの3連戦。初戦の先発はジーです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/933-d2292e3c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。