スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

not so dramatic after all 

メッツは延長戦の末、マーリンズに敗れ、3連敗。連日の劇的な同点弾も結局不発。

この日の先発はペルフリー。初回に犠飛で1点失うと、3回と4回にも1点ずつゆるし、立ち上がりから失点を重ねます。

打線は4回にベイのソロHRでようやく1点返上。しかしその後はベテラン右腕のバスケスの投球に歯が立たず、終盤までゼロに封じられます。

2点を追う9回、1アウトからペガンが二塁打を放ち、チャンスメーク。続くベイが倒れ2アウトとなるも、デューダがバックスクリーンに特大の同点2ランをぶち込み、2試合連続の土壇場同点弾で同点に追いつきます。

しかし勢いはここで途絶え、10回に登板したイスリングハウゼンが1アウトから3連打で満塁とすると、主砲スタントンにフルカウントから投じた球をレフトスタンドにグランドスラムを浴び、万事休す。その裏は3者凡退に終わり、試合終了。

明日は勝利し、4連敗、今カードの負け越しを阻止しないといけません。先発投手はカプアーノです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/937-511c51b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。