スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

firework night 

メッツはブレーブスとの乱打戦を制し、連敗を5でストップ。

打線は初回、ターナーのソロHRとライトのタイムリーツーベースで2点先制。しかし3回には3点差とビハインドの展開となります。

この日の先発はニース。2回まで無失点も、3回に1点返されなおも無死満塁から単長打で一気に5失点と崩れ、逆転を許します。

3点を追う打線は3回、2アウトからベイの8号2ランで反撃開始。4回にはトーリーのソロHRで追いつくと、1アウト三塁からターナーのこの日2本目となる4号2ランでついに勝ち越します。

ニースは苦しみながらも5回を投げ終えると、6回からは中継ぎ陣の出番。打線も終盤に4点を加え、試合は11-7でメッツの勝利。ニースは援護に恵まれ、今季11勝目。打線は今季最多となる4本塁打を放ち、これまでの鬱憤を晴らすような爆発ぶりでした。

明日は勝利し、少しでもワイルドカード首位のブレーブスに近づきたいところ。先発はジーです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/940-3ba314f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。