スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

worst loss of the year 

メッツはブレーブスに競り負け、連勝ならず。落としたのは試合だけでは終わらず。

この日の先発はジー。2回にヘイワードに先制ソロHRを浴びると、その後もピンチを背負う投球が続きます。

打線は1点を追う2回、2アウトからジー、ふくらはぎを痛めたレイエスの代打ハリスのタイムリーで逆転に成功。しかし3回からはメッツがベルトランのトレードで獲得を狙っていた相手先発マイナーを打ちあぐねます。

ジーは5回、2アウトからヘイワードに4球四球を与えると、ゴンザレスにレフトフェンスに2ランを浴び、勝ち越しを許すと、続くコンスタンザにもソロHRを献上。結局5回を3発5失点と試合を作れずにマウンドを降ります。

3点を追う打線は6回、2アウト二塁三塁とし、途中出場のマーフィーとハリスの連続タイムリーで追いつくことに成功。7回にはペガンのタイムリーでついに追いつきます。

しかしいいことも長くは続かず、8回には二塁を守っていたマーフィーが膝をスパイクで蹴られ、肩を担がれながらベンチへ。遊撃手と一塁手を失ったチームは三塁手のライトが高校以来となるショートを守るなど、もはや壊滅状態。そして9回にはパーネルがチッパーに勝ち越しタイムリーを浴びてしまいます。

最終回は先頭のベイがヒットで出塁するも、続くペガンが併殺打に倒れ2アウト。代打プリ―ディーが四球を選ぶも、続くエバンスが二塁ゴロに倒れ、ゲームセット。試合よりも失ったものは大きく、これでほぼ間違いなく終戦。今後は少しでも勝ち数を増やし、来シーズンに繋げたいところです。

明日からはパドレスを迎えての4連戦。気を取り直すのは困難ですが、前を向くしかありません。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/941-dc764ef3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。