スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

all effort win 

メッツはフィリーズとの熱戦を制し、連敗を5でストップ。

打線は初回、デューダの内野ゴロで1点先制しなおも2アウト一塁三塁とし、エバンスの3ランで相手先発ケンドリックの立ち上がりを捕らえます。1点差とされた3回にはライトのソロHRを筆頭に4回と5回にもそれぞれ1点ずつ奪い、リードを拡大。

この日の先発はペルフリー。4点のリードを早々と得るも、2回に集中打を浴び3失点とフィリーズ打線に捕まります。3回以降は毎回走者を背負うも、5回を投げきると、中継ぎ陣が酷使されているため6回も続投。3者凡退に仕留めると、マウンドを後にします。

7回からはバーダック、アコスタと繋ぎ、最後は新守護神のパーネルが走者を溜めつつも後続を断ち、7-4で試合終了。ペルフリーは久々のクォリティー・スタートで、自己メジャー最多の125球の熱投で今季7勝目。打線では出場機会を得ているエバンスが3安打4打点と活躍を見せました。

明日はオフ。金曜からはホームに戻り、ブレーブスとの3連戦。久々の連勝といきたいところです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/956-ebb63986

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。