スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trouble in the 7th 

メッツは完封負けを喫し、連勝は4でストップ。

この日の先発はペルフリー。5回までマーリンズ打線を2安打1四球のみに封じるなど、ほぼ完璧な投球。6回には2アウトからヒットと2四球で満塁とされるも、サンチェスを二塁フライに打ち取り、ピンチを無難に凌ぎます。

しかし7回、今度はノーアウト満塁の大ピンチを迎えると、先頭打者ボニファシオにライト前に運ばれ、この日初失点。球数が多かったため、そのままマウンドを降ります。代わったバーダックが残ったランナーをすべて返してしまい、イニングを終え5-0。

打線は相手打線同様、先発バスケスの投球に苦しみ、6回まで単発3安打のみ。8回にはマーリンズの中継ぎ陣を攻め、2アウト満塁とするも、デューダが空振り三振に倒れ、反撃とはいきませんでした。

試合は6-0での完封リレー負け。ペルフリーは6回を4失点と好投が一転、敗戦投手となり、今季12敗目。打線はベテラン右腕の投球に手も足も出ず、この日は無得点でした。

マーリンズとはあと2試合続きます。明日は先週のブレーブス戦で2安打完封を成し遂げたカプアーノが先発です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/959-277df0db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。