スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

enemy within 

敵のミスにも助けられ、メッツはマーリンズを下し2連勝。5連戦は4勝1敗と完勝。

打線は2点を追う3回、突如乱れた相手先発ヘンズリーを攻め、無死満塁とします。デューダが押し出しを選び1点を返すと、ライトの2点タイムリーなどでこの回で計4点奪い、逆転します。

この日の先発はベテランのバティスタ。緊張からか立ち上がりからピリッとせず、2回までに2失点と苦しみます。しかし10球団を渡り歩いた経験は侮れず、3回から調子を上げ、6回まで無失点に抑え、十分な内容で降板。

追加点の欲しい打線は8回、ノーアウトからデューダのタイムリーで1点、さらに相手のエラーなどでさらに2点追加し、7-2とリードを広げます。9回は4番手カラスコが3点失うも、最後はパーネルが締め、結局は7-5の冷や汗での逃げ切り勝利。今季初登板のバティスタは6回を2失点にまとめ、今季初勝利。自身の通算100勝目と喜びは二重となりました。

明日からはD.C.へ向かい、ナショナルズと3連戦。9月に入り、勢いを付けたいところです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/961-c3f75ec9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。