スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

closer's lesson 

終盤のリードを守れず、メッツはナショナルズにサヨナラ負け。

この日の先発はジー。初回にデズモンドに先頭打者HRを浴び、いきなりの失点。2回には1点失ってなおも2アウト二塁三塁からこの日メジャーデビューだった相手先発マイロンにまさかの3ランを浴びるなど、波乱の立ち上がりを迎えます。5回まで投げきるも、6失点が重くのしかかり、降板。

打線は4回まで無得点。投打にやられるも、4回にようやくペガンの2点タイムリーで点を返すと、さらにエバンスの2ランで1点差まで追い上げます。2点差とされた6回にはベイの久々となる2ランで追いつくと、7回にはデューダの犠牲フライでついにこの日初リード。

7-6のまま、試合は9回へ。マウンドにはこれまで失敗なく4セーブを挙げているパーネル。しかしこの日は調子が悪かったのか、制球が乱れ、ノーアウト一塁二塁といきなりのピンチを迎えます。続く犠打の後、ベンチは主砲ジマーマンの前で敬遠し、併殺を狙うべくの満塁策を指示。しかし裏目となり、ジマーマンにライト前に運ばれ、走者二人が返り、ゲームセット。

クローザーはこういった経験がつきもの。学んで、今後に生かして欲しいものです。打線は一時は5点差のビハインドから見事追いつき、終盤には逆転しました。明日は勝って、連敗だけはさけたいところです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/963-164b9d8b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。