スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4th time a success 

メッツは死闘の末、マーリンズを延長戦で下し、辛勝。

打線は無得点の5回、ターナーのタイムリーで1点先制。追いつかれた6回にはエバンスの適時打で勝ち越し、またさらに追いつかれた8回には再びエバンスの勝ち越し打でリードを奪います。

この日の先発はバティスタ。3回と4回にそれぞれ1アウト満塁とされるも、無失点に切り抜けるなど、ベテランらしい綱渡り投球でした。6回を1失点の内容でマウンドを後にします。

打線は9回にペガンのタイムリーで2点差とし、守護神パーネルへ繋げます。しかし2アウト一塁からの四球が痛手となり、続くキャメロンにレフトフェンス直撃のツーベースを浴び、試合は4-4のまま延長戦へ。試合が動いたのは12回。ペガンとベイの連打で無死二塁三塁とし、エバンスのこの日3本目となる勝ち越しタイムリー、押し出しなどで3点入れ、4度目のリードを手にします。裏はスティンソンが3者凡退に仕留め、プロ入り初セーブで試合終了。

死闘はまだまだ続きます。明日の試合の翌日にはホームでブレーブスとダブルヘッダーです。まずは明日、延長戦だけはさけたいところ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/966-a66aa511

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。