スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nightmare 7th inning, part 2 

またもや終盤のリードを守れず、メッツは2連敗。

この日の先発はプロ入り初勝利を狙うシュウィンデン。初回に2アウトから連打でピンチを迎えると、フリースにタイムリーツーベースを浴び、2失点。2回にもさらに1点失うなど、序盤に苦しみます。

打線は3点を追う3回、2アウト二塁三塁とし、続くペガンの内野ゴロを遊撃手ファーカルがトンネルを犯し、2点返上。再び連打でチャンスを広げると、負傷交代したデューダに代わった代打サティンの走者一掃のタイムリーでついに逆転に成功します。

シュウィンデンはその後落ちつき、6回まで無失点にまとめ、試合を作り、降板。しかし7回に2アウト一塁二塁から登板した4番手ビエトがフリースに手痛い3ランを浴び、前日と同様、終盤に逆転を許します。

打線は9回に2アウトからハリスのソロHRで追い上げるも、結局6-5で試合終了。ワイルドカード首位のブレーブスが破れたため、カージナルスはその差を1.5ゲームとし、勢いがついています。その勢いをメッツは少しでも真似したいものです。

明日はデーゲーム。最悪のスウィープだけは避けたいところです。先発投手はカプアーノ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/980-59bff9f0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。