スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

so long, 2011 

メッツは今季最終戦を白星で飾り、77勝85敗の成績で閉幕。

打線は4回、エバンスのタイムリーで先制。6回にはバクスターのプロ入り初HRとなる2ランでリードを広げます。

この日の先発はベテランのバティスタ。初回から低めを中心に集め、打たせて取る投球が光ります。5回を2安打にまとめると、その後も尻上がりに調子を上げ、7回と8回を淡々と投げきり、9回も続投。最後も3者凡退に仕留め、試合終了。

バティスタは約5年ぶりとなる完封勝利。3回以降は無安打とほぼ完璧な投球で閉幕投手を見事務めました。首位打者争いを繰り広げていたレイエスは最初の打席でバントヒットを決めると、そのまま交代。.337の数字を残し、2位で追うブラウンの結果を待つことになります。

新たなGMと監督で望んだシーズンも、結局は4位に沈みました。2007年から低迷が続いていると言っても過言ではありません。一方で若い選手の活躍などがあり、来季に望みを残しました。明日から長いオフですが、やはり注目はレイエスの去就。他に類を見ない選手だけに、長く残ってもらいたいところです。

最後になりますが、今シーズンもメッツ戦記をご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

今シーズンもお疲れ様でした。チームとしてはイマイチなシーズンでしたが、最後にレイエスが首位打者を獲ったのはよかったです。是非レイエスには残留してもらって、来期は若手の成長による躍進を期待したいです。レイエスの残留+フィルダーorプホルスというようなお金はさすがにないのでしょうしね…

コメントありがとうございます。ご無沙汰です。

レイエスは残って欲しいですね。戻ってきてくれると信じています。さすがにレイエスと再契約したら、残金はゼロになってしまいます。オフはアルダーソンGMの働きに注目です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/987-7010db57

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。