スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fallen Angel 

メッツは6日、ジャイアンツとトレード。ペガンを放出し、外野手のトーレスと中継ぎ投手のラミレスと交換。昨シーズンの1番・2番が連日で退団。

トレードは両外野手の環境変えの思惑があったようです。ペガンは昨年ケガに苦しみ、レギュラー中堅手に成長した2年前のシーズンから成績を落としました。一方、2年前のワールドシリーズ制覇を果たしたジャイアンツで32歳での遅咲きが話題となったトーレスも昨年はケガで不振。さらにメッツはトーレスの他にラミレスを獲得しました。昨年は66試合に登板し、2.62、3勝3敗4Sと実質中継ぎエース。先ほど報じられたラウチに次いで、ブルペンの補強に成功しました。

個人的にはペガンは好きな選手の一人でしたが、昨年垣間見えた不安定な打撃と守備を考えると、トレードは仕方ないと言えます。新天地での活躍に期待です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/990-8b9065f3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。