スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

new closer 

メッツは6日、ブルージェイズからFAとなっていたフランク・フランシスコ投手を獲得したことが判明。先ほど獲得した2投手と合わせ、ブルペンが一気にアップグレード。

巨体ながら制球力もある新守護神候補、最有力となります。昨年は54試合に登板し、3.55、1勝4敗17Sの成績でした。各年の成績で目を張るのは登板数、奪三振率、そして与四球率。2007年から5年連続で50試合以上に登板とケガが少なく、通算で奪三振率が9.9、四球率が3.9と良い割合です。一方で感情をマウンドで出すことが多く、しばしば投球が乱れることも多いようです。そのタイプに近いと言えるのはかつてメッツの守護神だったベニテス。もちろん良いときのベニテス級の活躍に期待です。

契約内容は2年総額$12Mとチーム状態から考えるとやや豪華なものでした。今オフの最大の補強と予想できます。チームは短時間でラウチ、ラミレス、そしてフランシスコを獲得。あれよあれよでの補強で一気に中継ぎ陣が大きく強化されました。最初の二人が7回・8回を投げ、フランシスコがクローザーとなるはずです。というわけでブルペン再建はひとまず落ち着くこととなります。気にになるとすればバーダックに次ぐ2人目の左腕くらいでしょうか。

コメント

何かいろいろなことのあった一日でしたね。ブルペンはこれである程度陣容が固まった感じですが、打線は今年の1,2番がいなくなってどうなるのでしょうか。出塁率の高いマーフィーをリードオフマンで、などという話もあるみたいですが。それにしてもレイエスは(仕方がないのかもしれませんが)残念です…。

コメントありがとうございます。

確かに一気に60盗塁以上が抜けたことは心配ですね。得点に繋がる大事なところだけに、それを新しい選手などで補うのはちょっと厳しいと思いますが・・・。レイエスは当初から復帰希望ではなかったのでは。本人のコメントに注目です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metsblog.blog74.fc2.com/tb.php/991-83d89ee2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。