スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ace of the future 

追記(updated 8/1):


ついにウィーラーが3Aに昇格。ここ数試合は打ち込まれる場面も目立ったものの、2Aで最後の登板となった31日の先発では今季自己最多の11Kを奪う力投で立て直し、新リーグへ挑みます。さらなる成長で、メジャーへの切符を掴むのに大期待。

第2回目の特集はチームNo.1の次期エース候補の超有望株右腕のザック・ウィーラー(Zack Wheeler)です。昨年のベルトランとの交換で獲得したまさに"逸材"。若干22歳ですでに新エースの風格さえ感じさせる黄金右腕に大注目です。
続きを読む

Harvey on horizon 

追記(updated 8/1):
好投も、味方の攻守の援護を得られず、プロ入り初黒星。2回に1点のリードをもらうも、2回1アウト満塁から味方のエラーで2失点で逆転を許します。その後は好投するも、6回を投げ、4安打3失点(自責点2)のまずまずの内容で降板。奪った三振数は7と投球はメジャーで十分通用しています。打線は序盤の先制点のみに終わり、相手先発リンスカムにお手上げ。

次先発はサンディエゴでのパドレス戦(8/5)。何とか連敗は避けたいところ。

追記(updated 7/27):
見事初登板、初勝利。6回途中を投げ、3安打無失点、11三振と堂々たる内容で降板すると、後は中継ぎ陣が封じ込み、プロ入り初白星を手にしました。11Kは球団によるルーキーのデビュー戦での最多三振を3つ上回って新記録を樹立。四球は3のみとまずまずでした。

MAXで球速は98マイル(=157.7km/h)。シンプルな投球フォームから繰り出す剛速球の重みはピカイチ。決め球として聞いていたカーブの他に、高速スライダーなる球種もあり、こちらの研究不足でした。精度を磨き中のチェンジアップも、ところどころ良いところを付くなど、速球・変化球はともに、まさにメジャー級。立ち上がりは緊張が顔に出てたものの、先頭打者のパーラを三振に仕留めると、落ちつきを取り戻したようでした。初回に味方からもらった2点も大きかったはず。

メジャーでの序章としては、これ以上ない出来。力投でプロ入り初勝利を得て、さらにチームの連敗もストップしました。プレッシャーさえも感じさせなかったハービーの次戦に注目です。

追記(updated 7/26):
いよいよ今夜、デビュー。チームは後半戦僅か1勝、今月2度目の6連敗中とどん底。終戦間際とはいえ、自身で何とか連敗と止めるという気持ちのマウンドとなりそうです。メッツファンの大きな期待を背に、メジャー初戦に挑みます。

追記(updated 7/23):
ローテの再編の第一歩として、ついにハービーが昇格。明日にも登録され、木曜、アリゾナでメジャーデビューを果たします。背番号は33。巡ってきたチャンスを是非とも活かして欲しいものです。ファンから大きな期待を背負う中、自分らしい投球を願います。

4回目となるプロスペクト戦記。今回はメジャーに一番近い男、マット・ハービー(Matt Harvey)投手に焦点を当てます。名門のノースカロライナ大からドラフト1位で指名された逸材も2年で大きく成長。あと一歩で大舞台というところまで上り詰めた豪腕に注目です。
続きを読む

different beginning 

開幕から早2ヶ月。ブログを全く更新せず放置してました。特に理由があった訳ではありませんが、いったん遠く、一ファンとして純粋に一喜一憂してみたかったとでもしておきます。さて、暫く戦記はお休みするとして、新たな試みとしてチームの将来を担う若手有望株選手(=プロスペクト(prospect))にスポットライトを当てたいと思います。

第一回目の投稿は前日に2Aから3Aに昇格を果たしたマット・デンデッカー(Matt Den Dekker)に注目します。左投左打でポジションはセンター。フロリダ育ち、フロリダ大出身と完全なるフロリダンです。今年で25歳になる逸材は今季2Aで開幕を迎え、.340、8本塁打、29打点の好成績。ついに3Aへ昇格が決まり、メジャーに近づきました。盗塁は10(失敗7)と決して安定性は無いものの、脚力は○。捕殺数は2(マイナー通算でも14)と少なく、肩はメジャーでは下位レベルと言えます。また打撃では三振(64)が多く、やや荒削り。ただそれを目を瞑ると出塁率(.397)と長打率(.563)は申し分ありません。さらに左打者でも左投手を苦にしない(.333)など打撃ではメジャー向きと言えます・

3Aでも好成績を残せば、メジャー入りもそこまで遠くはないでしょう。メジャーでは復帰したベイが不振に陥っており、オフにトレードで獲得したトーレスもやや不振。デンデッカーと同い年でタイプ的に似てるニューエンハイスと主砲になりつつあるデューダが良い働きを見せているのみとなっています。チームの底上げを図るにはデンデッカーのようなルーキーの登場が必要になってくるはずです。

今後は週一ぐらいのペースで更新したい思います。新生メッツ戦記をよろしくお願いします。

season 2012 

キャンプ入りから早1ヶ月。間もなくシーズンの開幕を迎えます。しばらくブログの更新も滞ってしまい、戦記の名に恥じます。チームの借金問題も無事に終結を迎え、ようやく重荷が降りました。ひとまず今日はシーズンの展望について述べます。

・下馬評はとにかく低いです。頼みのサンタナとライトが共に病み上がりと苦しさが物語っています。さらにはレイエスの移籍で核弾頭も居なくなり、得点力不足は否めません。ただ新たな若き主砲候補のデービスとデューダらがオープン戦で活躍を見せており、DD砲に期待が持たれます。またベイの移籍4年目の爆発に期待です。

・早めの終戦ともなれば、ベテランの放出は必至です。中でも、最大の注目はライト。これまでチームの快進撃と低迷期を支えてきたリーダーの移籍ともなれば、ひとつの時代の終わりを感じることでしょう。他のトレード候補はペルフリー、ベイなどが挙がります。

・若手の台頭が叫ばれる中、少なくともメッツの投手陣の未来は明るいようです。中でもハービー、ファミリアとウィーラーの3本柱はメジャーに近く、期待が持たれます。マイナーでいい成績を残せば今季中のデビューも十分考えられます。

・チームの今後を考えると、今季は充電のシーズンと言えます。アルダーソン氏がGMに就任して3年目となる今季、目指すチームの成形もそろそろ終わりも近いでしょう。チームとしては、結果(勝敗問わず)にこだわり始めなければいけません。まずはつまらないミスやプレーなどをなるべく減らし、少しでも上を目指すチームになることが第一歩です。

長くなりましたが、これまで休んでた分を取り返す思いとしてご了承下さい。今シーズンもメッツそして、当戦記をよろしくお願いします。Let‘s Go Mets!!

valuable back up 

メッツは6日、FAとなっていたロニー・セデーニョ内野手と1年契約を結んだと発表。昨年はに所属し、128試合に出場、.249, 2本塁打、32打点、2盗塁の成績。

レイエスの退団で重要視されていたベテラン内野手をついに獲得しました。打撃はパッとしないものの、昨年は主にショートを守り、守備率.978。またレンジファクターではMLBでロッキーズのトゥロウィツキーに次ぐ5.04(5点台は2人のみ)とリーグ屈指の守備には定評があります。現在チームの正遊撃手はテハダとなっているものの、何しろ若く、全試合出場は到底期待できません。守備の要のポジションで安心して起用できる選手をしっかり補強が出き、一安心です。

チームはロブ・ジョンソン捕手とオマー・キンタニーヤ内野手のそれぞれとマイナー契約を結んでいます。昨年代打の切り札として活躍したスコット・へアストン外野手と再契約を結びました。

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。
2012年もメッツ、そして当ブログをよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。